空港で外国語を学びましょう

英会話など翻訳家レベルの外国語を習得するためには、生身の外国語に触れることが大切です。
日本にいながら生身の外国語に触れるためには、外国人がたくさん集まる場所に行くことが大切です。もし自宅の近くに国際線が離着陸する空港があるなら、空港に遊びに行きましょう。

空港には様々な国から、旅行やビジネス目的で外国人が訪れています。
忙しい人に話しかけたり、嫌がる人に質問をするのはNGですが、日本人と話してみたいという外国人のみなさんも意外と多いものです。特にトランジットで空港で休んでいる外国人のみなさんは、時間を持て余しています。

そこでジュースやコーヒーなどの差し入れを持って行き、外国人に話しかけてみましょう。失礼のない態度を取り、自分が外国語を学びたいと話しかけた理由を説明すれば、しばらくの間、相手をしてくれるかもしれません。特に成田や羽田や関空などの大きな空港には、世界中の外国人が集まりますので、レアな外国語の勉強の相手もみつかるかもしれません。